産科医療補償制度について
財団法人 日本医療機能評価機構(厚生労働省所管)
『産科医療補償制度』当クリニックは産科医療補償制度参加施設です。

当院では前期母親教室で登録用紙に記入し提出していただいた後
 登録証をお渡ししています。

新しい命の誕生―――。
これほどしあわせな瞬間はありません。
お産の現場では、赤ちゃんが健康で、元気に生まれてくるために、
医師や助産師などがたいへんな努力をしていますが、
それでも予期せぬことが起こってしまうことがあります。
「産科医療補償制度」は、お産をしたときになんらかの理由で
障害を抱えた赤ちゃんとそのご家族のことを考えた新しい補償制度です。

いつからスタート?

2009年1月以降に生まれた赤ちゃんから対象になります。
このため、分娩機関(病院、診療所、助産所)での手続きの開始は
2008年10月からとなります。

補償対象は?

原則的には体重が2000グラム以上、かつ、妊娠33週以上のお産で
重度の脳性麻痺となった赤ちゃんが対象になります。
妊娠28週以上の場合も補償対象となることがあります。

補償内容は?

看護・介護のために、600万円が準備一時金として、
その他に総額2400万円が補償分割金として1年1回 合計20回支払われます。

原因を知ることはできる?

この制度では、分娩期間に協力してもらい、可能な限り原因分析を行い、
その結果をご家族にお知らせします。
また、再発防止にも役立てていきます。

どこでお産をしても大丈夫?

この制度に加入している分娩機関でお産をすると、
万一の時に補償の対象となります。
分娩機関がこの制度に加入しているか必ずご確認ください。

お願い

この制度に加入している分娩機関では、妊産婦の皆様に、
この制度の対象者となることを示す「登録証」を交付します。
必要事項の記載などについてご協力お願いします。

◆産科医療補償制度標準補償約款の概要

1.目的



2.用語の解説


3.本制度加入分娩機関の支払責任


4.補償対象としない場合

○運営組織は、次に掲げるいずれかの事由によって発生した脳性麻痺については、
 この制度の補償対象として認定しません。 ○運営組織は、児が6月未満で死亡した場合は、この制度の補償対象として
 認定しません。



5.保証金の種類ならびに支払額、支払回数及び支払時期


6.補償対象の認定手続


7.補償金の請求手続

8.損害賠償金との調整

9.妊婦の登録及び転院の場合の取扱い

10.運営組織

11.個人情報の取扱い



⇒詳細はこちらでご確認ください。