遠藤産婦人科TOPへNEWSSCHEDULEACCESS
出産について

当院では、自然なお産を基本とし、お母様がゆったりとリラックスした環境で出産に臨んで頂けますようLDRを導入しております。
ご家族一緒に、感動の瞬間を迎えて頂けますようスタッフ一同でサポートさせていただきます。

当院は、産科医療補償制度加入医療機関です。

LDRとは

ldrLDRとは陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)の略語です。 LDR室は陣痛室・分娩室・回復室が一体となった個室ですので、移動することなく一つのベッドの個室にて、過ごしていただけます。

従来の出産方法の仕組みでは、妊婦さんは陣痛室から分娩室、分娩室から病室へと移動しなくてはなりませんでした。陣痛室で痛みが絶頂の時に歩いて分娩室へ移動する、分娩後の回復時に部屋へと移動するのは、妊婦さんにとって、とても大きな負担になりますが、LDR室にて過ごしていただくことで、妊婦さんの痛みや負担をかなり軽減することができます。

LDR室は一見、普通のお部屋のようですが、お産が始まると必要な医療機器が現れます。分娩台に早代わりするベッドは、妊婦さんにとって個人個人で、より楽な姿勢をとることができます。LDRルームには分娩監視装置を始めとして、最新の医療機器が設備されておりますので、安心してお産に臨んでいただける環境となっております。

ご主人・ご家族の立ち会いもスムーズにでき、プライバシーも守られます。 そして分娩後から回復するまでの時間ここで過ごし、疲れた体を休めていただけます。

カンガルーケア

カンガルーケアもともとは、発展途上国で、保育器などが不足した際、母親に抱っこさせたら保温・感染予防などに期待以上の効果が得られたことが始まりでした。母子間のスキンシップです。これが近年、日本などの先進国の新生児治療にも取り入れられています。

赤ちゃんが生まれたらすぐにママの裸の胸に抱いて、最初のおっぱいをふくませます。
カンガルーケアはお母さんの裸の胸に肌を直接くっつけて赤ちゃんを抱くだけです。ちょうどカンガルーが、赤ちゃんをおなかの袋に入れて育てるようなイメージから、この名前が生まれました。母子心理発達の面で大きな効果を挙げています。
また感染症についても、もともと健康な人の肌には常在菌がついています。そのままの常在菌を与える事で、他の悪い細菌の感染を予防する効果もあるといわれています。

入院生活

●1日のスケジュール

1日のスケジュール

●出産から退院までのスケジュール



初産婦さんは分娩後6日目、経産婦さんは分娩後5日目に退院になります。
入院の延長をご希望の方は看護師までお知らせください。

       
 
分娩当日
1日目
安静

子宮の回復や出血の状態を見るためこちらからお部屋へ伺います。
気になることがあればいつでもご質問ください。
分娩証明書などが必要な場合は看護師までお知らせください。
 
   
2日目
授乳開始

【授乳】2階授乳室にお越しください。
開始時間はこちらから連絡いたします。
母児同室を始めることも可能です。ご希望の方は看護師までお知らせください。
【乳房マッサージ】
適宜当方で乳管の開通、乳房マッサージなどのお手入れをいたします。お母さんも母親教室で一緒に練習したお乳のお手入れを続けてください。
【シャワー浴】医師の許可があれば、今日からシャワー浴も可能です。お部屋のシャワーは必ず家族の方がいらっしゃる時にお使いください。家族が来られない方は、2階の浴室をご利用頂けますので看護師までお知らせください。2階浴室には緊急用のナースコールを設置しています。
   
3日目
沐浴の練習・
退院指導

前日に引き続き授乳にお越しください。
お体の調子が良ければ夜の授乳も始めます。
母乳が良く出るように、また赤ちゃんのお世話に慣れていただくために母児同室をおすすめしています。赤ちゃんの吸う刺激で母乳はたくさん出るようになります。
【沐浴】初めてお産をされたお母さんは人形を使って沐浴(赤ちゃんをお風呂にいれる)の練習をします。経産婦さんも実習を希望される場合は看護師までお知らせください。
【調乳指導(3階ラウンジにて)】2日目から4日目の間に森永乳業さんによる調乳指導があります。
【退院指導】
退院後のお母さんや赤ちゃんのこと、産後の性生活・家族計画などについてお話いたします。(初産婦さんは4日目に行います)
   
4日目
沐浴・
母児同室

前日人形で沐浴練習をされたお母さんは、実際にご自分の赤ちゃんをお風呂に入れてあげてください。
【お部屋での母児同室】
母児同室中は、赤ちゃんのお父さん(もしくはご家族の方1名のみ)以外の入室はできません。経産婦さんで母児同室を希望されない方は、看護師までお知らせください。
【お祝い御膳】
当院からのささやかなお祝いの夕食をお出ししています。ゆっくりとたくさん召し上がってください。
   
5日目
退院受診
・母児同室

【退院受診(1階外来診察室にて)】退院前の診察・抜糸・骨量測定を行います。
【赤ちゃんの血液検査】赤ちゃんの手か足から採血し、先天性代謝異常・黄疸・血液型の検査を行います。
お母さんと赤ちゃんの経過により入院が1〜2日延びることがあります。

   
6日目
退院の日

退院時にベビー服を準備しておいてください。
退院時に赤ちゃんの出生届・母子健康手帳などをお渡ししています。
1ヶ月健診は火曜日午前中の予約制で、赤ちゃんは小児科医師による健診です。
退院後は気になることがあれば、いつでもお気軽にお電話ください。

●母児同室に関しての注意 〜生まれたばかりの赤ちゃんを感染から守る為に〜

 
母乳は赤ちゃんの健やかな成長のためにとても大切なものです。母乳育児が上手くいくように、私たちもお手伝いいたします。赤ちゃんを感染から守るため、お見舞いの方の入室は固くお断りいたします。ご面会には3階ラウンジをお使いください。
赤ちゃん同室中に入室できるのは、赤ちゃんのお父さんとその他ご家族1名のみです。赤ちゃんがお部屋にいるときは、ご兄弟でも小学生以下の小さなお子様の入室はご遠慮ください。ご協力のほど宜しくお願いいたします。

−面会について(Q&Aページ)−

 
◆入院時必要な物◆(後期母親教室でご説明します)
 
【寝巻き】
ネグリジェまたはパジャマなど(2〜3枚)
【分娩後に使うタオル】大きめのバスタオル1枚
【腹帯】
さらしのもの(1組)・健美ベルトまたはトコちゃんベルト
【洗面用具】
普段お使いの物
【日用品】
ティッシュペーパー、タオル、 バスタオルなど
【産褥セット】
T字帯、パット、ナプキン、防水布・授乳用清浄綿などは当院専用で用意してございます。
 
【入院時ナースステーションへ】母子手帳・入院証書・健康保険証
【その他】
授乳用ブラジャー・産褥ショーツ・母乳パッド・筆記用具など
 

 
◆退院時必要な物◆
 
【おしめ】
布おしめ2枚+おむつカバー2枚あるいは、紙おむつ2枚
【着物】
夏・・・肌着(短)1枚
    ベビー服1枚
冬・・・肌着(短)1枚・(長)1枚
 
    ベビー服1枚
【おくるみ】
冬はベビー毛布、夏はバスタオルでもよい(1枚)
【その他】
チャイルドシート(自家用車で帰宅される方)
トップへ
Copyright 2003. Endo's Clinic For Women All rights reserved